40歳・50歳からの歯周病予防

  • 全身疾患と予防について 歯周病との強い関連性知っていますか?
  • 託児サービスを行っています

予防診療メニュー

  • 歯周病予防
  • 虫歯予防
  • ホワイトニング
  • 歯科ドック
  • 全身疾患予防
  • 虫歯・歯周病予防にご興味のある方
  • 歯周病に現在お困りの方
  • 40歳・50歳からの歯周病予防
  • 大人の予防歯科
  • 子どもの虫歯予防
  • 小さいお子様をお持ちのお母様
  • 妊娠中のお母様
  • 院長あいさつ スタッフのご紹介
  • 院内のご案内
  • よくあるご質問
  • 患者さまの声
  • アクセス・医院案内
  • 免許・資格・媒体掲載

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

0120-798-211
  • お電話受付
  • 月火水金 10:00~19:00/土曜 9:00~18:00/日曜 9:00~13:00
  • 診療時間
ご予約はこちら

35~44歳の81.2%に何らかの歯周病の症状

歯周病は、歯を支えている周辺の組織菌が歯周病に感染することで、歯茎(歯肉)が腫れたり、歯茎から出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯周病は40歳以降に歯を失っていく大きな原因となっており、35~44歳の27%が歯周炎にかかっており、歯肉炎も含めると、81.2%に歯周病の症状がみられます。

歯周病の進行図1 歯周病の進行図2

気づいたときには重症化しているケースも

あまり目立たずに進行してしまうこの歯周病は、気がつかないうちに重度の症状となり、ひどくなると歯そのものが立っていられなくなってしまいます。

軽度歯周病

磨き残しがあると、歯周病菌が繁殖して歯垢(プラーク)となり、炎症をおこします。ほとんど症状はありませんが、歯磨きのときに出血したり、硬いものをかむと痛かったりすることもあります。炎症は歯肉の範囲だけでおこっているためブラッシングで改善します。

中度歯周病

プラークが石灰化し固まったものを歯石といいます。この歯石を巣くつとして歯周病菌が繁殖し、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしていきます。この頃から歯のぐらつきや、歯磨きの時に出血する、口臭がある、噛むと痛いなど様々な自覚症状が出始めます。ブラッシングだけでなく、専門家による歯石除去が必要です。

重度歯周病

歯槽骨の吸収が進むと歯のぐらつきが大きくなり、軟らかい物でも噛むのに苦労します。また、出血や口臭などのその他の自覚症状も強くなります。歯周病の専門家による再生療法が必要になります。しかし、このまま放置しておくと、やがて歯が抜けてしまいます。

おすすめのコース・診療メニュー
歯周病予防コース

歯周病予防コース

お口の中の歯周病菌を徹底的に減少させ、一生健康な歯と歯茎でお過ごしいただくことを目指します。

詳しくはこちら

全身疾患予防コース

全身疾患予防コース

当院独自の歯周病対策プログラムで「重大な全身疾患」からあなたの身体を未然に守りましょう。

詳しくはこちら

dot
  • 虫歯予防・歯周病予防にご興味の方 一生自分の歯を失わないために
  • 現在、歯周病にお困りの方 健康で明るい生活を取り戻すために
  • 40歳・50歳からの歯周病予防
  • 大人の予防歯科
  • 子どもの虫歯予防
  • 小さいお子様をお持ちのお母様
  • 妊娠中のお母様
予防診療メニュー
  • 歯周病予防コース
  • 虫歯予防コース
  • ホワイトニング
  • 歯科ドック
  • 全身疾患予防コース
お気軽にご相談ください 0120-798-211
  • 月~金 10:00~14:00/15:00~19:00 土 9:00~14:00/15:00~18:00
  • 医院案内・交通案内
  • ご予約はこちら
松山予防歯科・歯周病専門外来