よくある質問

  • 全身疾患と予防について 歯周病との強い関連性知っていますか?
  • 託児サービスを行っています

予防診療メニュー

  • 歯周病予防
  • 虫歯予防
  • ホワイトニング
  • 歯科ドック
  • 全身疾患予防
  • 虫歯・歯周病予防にご興味のある方
  • 歯周病に現在お困りの方
  • 40歳・50歳からの歯周病予防
  • 大人の予防歯科
  • 子どもの虫歯予防
  • 小さいお子様をお持ちのお母様
  • 妊娠中のお母様
  • 院長あいさつ スタッフのご紹介
  • 院内のご案内
  • よくあるご質問
  • 患者さまの声
  • アクセス・医院案内
  • 免許・資格・媒体掲載

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

0120-798-211
  • お電話受付
  • 月火水金 10:00~19:00/土曜 9:00~18:00/日曜 9:00~13:00
  • 診療時間
ご予約はこちら

よくあるご質問

  • 歯周病とは、どんな病気なのですか?

    歯周病は、歯ぐきの病気です。
    歯周病になると歯ぐきの一部分が赤く腫れたように見えてくる・ちょっと息が臭くなる(口臭)・歯磨き中に歯ぐきから血が出る。などの症状が現れます。
    日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

  • 歯周病はうつるのでしょうか?

    歯周病は感染症ですので、他人に感染する可能性があります。
    歯周病は歯垢(プラーク)の中に含まれている『歯周病菌(細菌の塊)』が歯周組織に感染することによって発症しますので、感染する可能性は否定できません。
    ただ歯周病菌(細菌)の感染力はそれほど強くないので、抵抗力があれば感染を防ぐことができるでしょう。

  • 歯周病が原因で全身の病気になる事はあるのでしょうか?

    歯周病菌が感染する事によって他の病気になる可能性はあります。
    歯周病は感染症ですので、歯周病菌(細菌)が歯周組織に感染すれば歯周病となり、歯周病菌が血液や唾液などに混じって全身に流れていけば歯周病以外の病気になる可能性は否定できないのです。

  • タバコって歯周病によくないんですか?

    よくありません。

    喫煙者は、非喫煙者より治りが悪いことが報告されています。
    歯周病だけではなく、体のことを考え禁煙することをお勧めします。

  • 食生活で歯周病を改善することはあるのですか?

    歯周病は歯周病原菌による細菌感染です。

    これを食べれば治るというものはありません。
    しかし、歯周病は歯周病原菌による細菌感染ですから、しっかり栄養をとり、体の免疫力を高めることはよい事です。

  • お酒が好きですが、お酒は(歯周病に)悪いのですか?

    お酒そのものが歯周病に悪い訳ではありませんが、多くの場合お酒を飲んだ後は歯を磨かずに寝てしまう、又は歯磨きを疎かにしてしまう事が多い事から、歯周病を進行させる原因の一つと言えるかもしれません。

  • 歯周病のかかりやすさに男女差はありますか?

    妊娠されている女性は口腔内に分泌されるホルモンの影響で歯肉の炎症が起こりやすくなっています。
    また閉経前後には歯肉の上皮が剥がれ落ちてしまうことによる歯肉の炎症(慢性剥離性歯肉炎)が起こりやすくなる言われています。

  • 歯周病は遺伝するのでしょうか?

    歯周病そのものが遺伝するということはありません。

    しかしながら、非常に少ない例ですが、遺伝性要因があるとされる歯肉の増殖特殊な歯周病があります。また、近年、遺伝子診断により、本当に遺伝的になりやすい人、なりにくい人がいるかどうか科学的に解明されつつあります。

  • 一生懸命歯みがきをしても歯周病にかかってしまうのでしょうか?

    歯周病を予防するには歯の表面や歯と歯の間、歯と歯肉の境など、かなり行き届いた歯磨きが必要です。

    本人は充分磨けていると思っていても、実際には歯ブラシだけでは不充分な事がよくあります。  
    そのために、歯科医師や歯科衛生士による各個人に合った歯ブラシと補助的な清掃用具(フロス・歯間ブラシ等)による歯磨き指導を受ける事をお奨めします。

  • 口呼吸は(歯周病に)悪いのですか?

    はい。口呼吸することにより口の中が乾きやすくなり、プラークが溜まりやすくなります。

    また唾液による自浄作用がなくなることから口の中の細菌の活動性を高めるなど、悪影響があります。

  • 歯みがきのときに出血したり、しなかったりするのですが、どうしてですか?

    歯肉に炎症が起きていると食物や歯ブラシ程度の刺激でも歯肉から出血しやすくなります。

    ただ、炎症の進行やその日の全身の健康状態などにより必ず出血するとは限りません。歯磨きのとき一度でも出血したことに気づいたならば、早めの受診をお奨めします。

  • 歯周病の治療とはどんな治療なのですか?

    歯周病の原因は細菌です。
    細菌が繁殖できない健康な環境に口の中を変えてゆくのが歯周治療です。

    毎日食事をすると、そのつど口の中は汚れます。歯磨きはもちろんのこと、歯周病菌を毎日清掃で除去しなくてはなりません。
    これは歯周治療を行う上で毎日やらないといけない事です。
    しかし、歯並びが悪かったり、かぶせ物が合っていなかったりすると、清掃器具は入りません。また歯周ポケットも深くなると清掃器具の毛先が届きません。
    このような状態を、清掃器具が届く健康な状態に変えてゆくのが歯周治療です。
    かぶせ物を清掃しやすい形や材料に変えます。歯並びが悪い場合は、歯列矯正が必要です。
    深いポケットは歯周手術をして健康な歯肉に近づけます。
    そのため歯周病の治療には口腔外科や矯正の専門技術が不可欠なのです。

  • 口臭の原因は歯周病?

    口臭の90%の原因は口に中の病気と不潔な事が原因です。

    歯周病の方は口の中の清掃状態が悪いことがほとんどで、その点からも口臭の原因の一つと考えられます。

  • 歯石って何?

    歯石はこのプラークが固まったもの(石灰化)です。
    歯を磨かないで放っておくと、歯の表面がネバネバしてきます。これが歯の汚れの元のプラーク(歯垢)です。歯石はこのプラークが固まったもの(石灰化)で、何十万もの細菌によって構成されており歯周病の主な原因にもなります。

dot
  • 虫歯予防・歯周病予防にご興味の方 一生自分の歯を失わないために
  • 現在、歯周病にお困りの方 健康で明るい生活を取り戻すために
  • 40歳・50歳からの歯周病予防
  • 大人の予防歯科
  • 子どもの虫歯予防
  • 小さいお子様をお持ちのお母様
  • 妊娠中のお母様
お気軽にご相談ください 0120-798-211
  • 月~金 10:00~14:00/15:00~19:00 土 9:00~14:00/15:00~18:00
  • 医院案内・交通案内
  • ご予約はこちら
松山予防歯科・歯周病専門外来